二次元が自重しないお馬鹿さんの 一人楽しすぎる俺様ブログ
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- | スポンサー広告 | |
■ It's fearful enough to silence a crying child.
2011年07月16日 (土) 編集 |
「泣く子も黙る」って、“遼來々”が語源だったのか……!!
すごいよ張遼さん。史実でも無双でも大ファンなのに、今まで全然知らなかった。もうこれから「泣く子も~」って言葉を聞く度にときめかざるを得ないじゃないか!←
あと、曹丕の弟である曹植の詩「白馬篇(続きから意訳サイト様よりコピペ)」のモデルが張遼さんだとか……すげえぇ愛されてるなぁ。曹丕にも大事にされてたんだよね。無双の彼はあんな感じだからそういう描写はないみたいだけど。
久しぶりに二次創作サイトさん(右側女性向け限定←オイ)を見て回ってきて、改めてメロメロになりますた。バリバリ体育会系の武人(しかも髭)である一方で、華やかさ…ぶっちゃけ艶っぽさを感じているのは私だけではないのだな!

……三国志萌え、絶賛継続中です。真面目な語りも腐語りも(笑)語り出したら止まりそうにないから、これ以上は違う所でやったほうがいいな。熱くなりすぎて他に書くことがないっていう\(^q^)/

追記→無双OROCHIの張遼のキャラアイテムがズバリ「白馬篇」だった。OROCHI未プレイだからすっかり忘れてたYO!

曹植の詩「白馬篇」

白馬飾金羈 白馬 金羈(きんき)を飾り
連翩西北馳 連翩として西北に馳す
借問誰家子 借問す 誰が家の子ぞ
幽并遊侠兒 幽并(ゆうへい)の遊侠児
少小去郷邑 少小にして 郷邑を去り
揚聲沙漠垂 声を沙漠の垂に揚ぐ
宿昔秉良弓 宿昔 良弓を秉り
楛矢何參差 楛矢 何ぞ参差たる
控弦破左的 弦を控いて左的を破り
右發摧月支 右に発して月支(げっし)を摧く
仰手接飛猱 手を仰げて飛猱(ひどう)を接え
俯身散馬蹄 身を俯して馬蹄(ばてい)を散ず
狡捷過猴猿 狡捷なること猴猿に過ぎ
勇剽若豹螭 勇剽なること豹螭(ち)の若し


白馬に金のおもがいを飾り
西北めざして疾駆する
「あの若武者はどこのどなた」 と尋ねてみると
「幽并出身の遊侠児にして
年若く郷里を離れ
名声を北方の沙漢地帯にまであげたお方だ」ということ
彼はその昔 良弓を取りだし
ひとたび不揃いの矢を手にすれば
弦を引きしぼって左的を破り
右に放って月支を砕き
上にめがけて飛猱を迎え射ち
身を伏しては 馬蹄を貫いた
その素早い動きは 山猿にもまさり
その勇ましさはまるで豹か螭かと見紛うばかりだ

邊城多警急 辺城 警急多く
胡虜數遷移 胡虜 数ゝ遷移す
羽檄從北來 羽檄 北より来たり
馬登高堤 馬をまして高堤に登る
長驅蹈匈奴 長駆して匈奴を蹈み
左顧凌鮮卑 左顧して鮮卑を凌がん
棄身鋒刃端 身を鋒刃の端に棄つ
性命安可懐 性命 安んぞ懐う可けん
父母且不顧 父母すら且つ顧みず
何言子與妻 何ぞ 子と妻とを言わん
名編壮士籍 名を壮士の籍に編ぜらるれば
不得中顧私 中に私を顧みるを得ず
捐躯赴國難 躯を捐てて国難に赴く
視死忽如歸 死を視ること忽ち帰するが如し


辺境の城塞は緊急の事態が多く
夷(えびす)の兵がしばしば侵入してくる
そのため 至急の召集令状が北から届くと
若武者は馬を励まし長城に登ることになる
遠く馳せて匈奴を蹴散らし
左に返して鮮卑を打ち破る
この身を鋒(ほこ)や刃の前で棄てることになっても
命が惜しいなどと思わない
父母さえ顧みないこの若武者は
まして妻子に未練を残したりしないのだ
壮士として名を残すからには
私情にかまけている暇はない
我が身を賭して国難に赴く以上
死を迎えることさえ我が家に帰るような心安さだ
# | 2011/07/16 | 自己満足 | Comment (0) |
■ Comment
■ コメントを投稿する
URL

Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。